チェコの歴史

中央ヨーロッパに位置し、プラハを首都にもつチェコ共和国は、9世紀頃、大モラビア帝国がチェコ・スロバキア両民族の統一国家として建国したことを起源としています。神聖ローマ帝国体制下で、現代チェコの前身であるボヘミア王国が興り、中央ヨーロッパ最大の国家(領邦)として繁栄しました。チェコ・スロバキアの成立ナポレオン戦争で神聖ローマ帝国が滅ぼされると、ボヘミア王国はオーストリア帝国に併合されました。その後オ...

チェコの正式名称はチェコ共和国で、1993年にスロバキアと分離したことによってできました。チェコ共和国の前身と言われているのはボヘミア王国で、18世紀以前は栄えていましたが、1867年にオーストリアに支配されました。その後1918年にボヘミア王国は崩壊してチェコスロバキア共和国ができました。チェコスロバキア共和国は第二次世界大戦を経て、解体・復活をして1960年にはチェコスロバキア社会主義共和国と...

年代出来事紀元前前5世紀〜前2世紀現在のチェコにあたる地域が、ケルト系民族のボイイ人から「ボヘミア」と呼ばれていた1世紀ゲルマン民族のマルコマンニ、クァディ、ランゴバルドが定住を始める。2世紀162年ローマ帝国北方国境のドナウ側流域で、マルコンニ戦争が勃発3世紀4世紀5世紀ゲルマン民族が西方へ移動したことで、西スラヴ系のチェック人(現在のチェコ人の祖先)が定住を始める。6世紀7世紀630年頃フラン...

トップへ戻る