チェコの首都の特徴

チェコの首都は、同国西部ブルダバ川沿岸に位置する都市プラハ(Praha)となります。古い街並みや建築物の多くが保全されています。また尖塔が多いことから「百塔のプラハ」の別名でも知られます。「プラハ」の語源については諸説あり定説がありませんが、1つには「敷居」を意味するチェコ語(プラーフ)に由来するというものがあります。

 

プラハの春

プラハは、880年頃にプラハ城の基礎が築かれたことに由来する都市となり、中世には神聖ローマ帝国カール4世が大司教座を置き、大学を設けるなど「黄金のプラハ」と呼ばれるほど文化的繁栄を確立しました。その後、1918年のチェコスロバキアの建国により首都となりますが、1939年?1945年の間、ナチス・ドイツによって占領されました。第二次世界大戦後はソビエト連邦が推し進める社会主義の影響を強く受けます。1968年に「プラハの春」と呼ばれる民主改革路線を進めましたが、ワルシャワ条約軍による軍事介入によって失敗に終わりました。その後、1989年にビロード革命が起こり、共産党政権が崩壊することとなり、1993年のチェコスロバキアの解体により、改めてチェコの首都となっています。

 

ヨーロッパの音楽学院

プラハは第1次世界大戦・第2次世界大戦の被害を受けなかったことにより、独自の文化が途切れることなく続き、音楽活動がとても活発な街となります。プラハは「ヨーロッパの音楽学院」と呼ばれ、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地で、毎年春にプラハの春国際音楽祭も開催されるなど、音楽の世界でも強い存在感を放つ都市です。

トップへ戻る