チェコの基本地理

チェコの国旗は青・白・赤の三色(汎スラヴ色)で描かれた国旗です。白は“清潔”を、青は“空”を、赤は“自由の為に流された血”を表わしています。また赤・青・白からなる汎スラヴ色はスラブ民族に古来より親しまれている配色です。もともとは自由と革命の理想を象徴しています。歴史チェコは1993年にチェコスロバキア(1918年成立)から分離することで成立した国です。現在の国旗はチェコ・スロバキア時代の国旗を流用...

デザインの意味赤地に銀のライオン(左上と右下):ボヘミアの紋章青地に赤と銀のチェック柄の鷲(右上):モラヴィアの紋章金地に黒の鷲(左下):シレジアの紋章国章の歴史チェコはヨーロッパ中心部に位置しており、様々な国々に翻弄された歴史をもつ国となります。オーストリア帝国の一部であったチェコ共和国は、1919年にスロバキアと統合し、チェコスロバキア共和国となり、チェコスロバキア時代の国章にも銀のライオンが...

トップへ戻る